辛い鬱状態が続くなら一度病院で診断を受けよう

レディ
  1. ホーム
  2. 治療方法

治療方法

葉っぱ

どんな治療を受けるのか

近年、鬱病の治療は確立されてきています。そのため、患者一人ひとりに合う方法を考えられるようになり、鬱病の症状を少しずつ緩和していけるようになっています。
主な治療方法は、抗うつ剤などの薬物療法とカウンセリング療法になります。どちらも完治するまで続けることが大事であり、患者本人だけでなく周りにいる方達の協力も必要になります。
鬱病の治療といえば、抗うつ剤などの薬物療法を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、抗うつ剤は副作用のイメージが強くて人によっては拒否する方もいらっしゃいます。どうしてこういったイメージがついたのかといえば、服用方法を間違えっていたり、薬を大量に飲むODをしてしまったりしたことで副作用が起こるという話があるからです。ですから、医師から指導された通り抗うつ剤を服用すれば副作用が起きないということになります。正しく薬を服用することで、効果を発揮して改善することができます。
抗うつ剤の効果は、脳内神経伝達物質のバランスを整えて正常に戻すことです。そのため、持続して服用し続けることが大事で、途中で服用をやめてしまうと副作用が起こることもあります。また、せっかく治りかけていたのに鬱病が再発することだってあります。ですから、抗うつ剤の服用は医師からの指示が無い限り、勝手にやめることは避けましょう。自分で服用しなくてもいいのではと思ったら、一度かかりつけの医師に相談してみてください。そうすることで一度医師が診断し、薬の服用をやめるタイミングを考えてもらえます。他にも、鬱病によって睡眠障害が起こることがあります。睡眠障害が起こった時は、睡眠導入剤を処方されます。この薬に関しても、正しい用量を守ることが大切です。
カウンセリング療法は、心理カウンセラーと話したり、箱庭療法したりする鬱病の治療です。心理カウンセラーと話すことは、患者自身の悩みを取り除けるようになります。また、否定的な思考パターンを取り除いていく認知療法を行なえるようになります。カウンセラーが客観的に患者の話を聞いて紙に書きだすことで、何が原因なのかを明確にすることができます。箱庭療法は、人形を利用して庭を作りだします。庭を作りだすことで、患者自身の思考を読んだり、今の感情を読み取ったりすることができます。これらの治療を毎回続けていくことで、患者自身の考えが変わっていき鬱病を改善することが可能になっていきます。

休養が大事

鬱病だと診断されたら、上記に紹介した治療と併せて休養することが大事になってきます。鬱病は、心が疲れていることで発症するので、体を休めないと症状を改善するどころか悪化する一方です。そのため、鬱病だと診断されたら、最近は病院から職場や学校などに提出できる診断書をもらうことができます。診断書を提出したら、生活が保証される制度を利用できるので、医師に相談してみるといいでしょう。