辛い鬱状態が続くなら一度病院で診断を受けよう

レディ
  1. ホーム
  2. なりやすい性格

なりやすい性格

メンズ

こんな性格の方は要注意

鬱病は、誰でも起こりえる病気ですが、その中でも特に発症しやすい方がいます。それは、性格がとても関係しているので、これからご紹介していく性格に当てはまるのなら鬱病にならないように気を付ける必要があります。
鬱病になりやすい性格の方は、いくつかの気質に分かれます。まずは、循環気質です。これは、ドイツの精神科医が提唱した気質で、活発なそう状態と抑うつ状態を繰り返す性質を持っているとされています。循環気質の方は、一般的に社交的で親切であり、温かみがあるタイプです。また、気分が高揚すると活発でユーモアに富んだ性格になります。しかし、状況によって思考が左右されることが多く、落ち込むことがあり感情に波があるという性格も併せ持っています。感情の波が激しくなると、鬱病が発症しやすくなるといわれています。
次は、執着気質の方です。これは、日本の精神科医が提唱した気質で、仕事熱心で几帳面、責任感が強いという性格をしています。何かを決める時は、白か黒かとはっきりと決めたがる傾向があり、柔軟な考えが苦手な性格でもあります。また、体を休めることも苦手で、何かしていないと落ち着かず知らない内に無理してストレスを蓄積してしまい、鬱病が発症します。真面目な性格になるので鬱病からは程遠いと思われがちですが、こういった性格の方が一番鬱病になりやすいタイプです。
次に紹介するメランコリー親和型気質の方も真面目な性格が影響します。これは、ドイツの精神医学者が提唱して気質で、保守的で生真面目な性格をしており、融通がきかないという方です。周囲との円満な関係を保つために、頼まれると引き受けてしまって一人で抱え込んでしまうタイプになります。また、何かトラブルが起こったら全て自分のせいだと思い込んでしまうので、ストレスを溜めこみ過ぎて鬱病を発症してしまいます。
上記に紹介した以外にも、まだまだ鬱病になりやすい性格はあります。自分がどの気質なのかを事前に把握しておけば、日頃から無理せず過ごせるようになります。もし、自分の性格がわからないというのなら、病院で性格診断を受けることができます。これは、カウンセリングの一環として行なわれているので、鬱病かもしれないと思ったら、性格についても診断してもらうといいでしょう。そうすることで、鬱病だと診断されても性格診断を受けて自分の性格を把握しておけば、今後どのようにして過ごしたらいいか判断できるようになります。