辛い鬱状態が続くなら一度病院で診断を受けよう

レディ
  1. ホーム
  2. 何が原因で起こる?

何が原因で起こる?

カウンセリング

原因は一つだけではない

鬱病が発症する原因は、ストレスだけだと思われている方がいらっしゃいます。確かに、現代の鬱病を発症している方のほとんどはストレスが原因かもしれません。しかし、実は鬱病が発症する原因はひとつだけではないと言われています。現在の研究では、鬱病の原因は一つだけで引き起こされるのではなくさまざまな要因が絡み合って発症すると考えられています。
有力な原因として挙げられるのは、遺伝的要因です。これは、家族に鬱病患者がいると家庭内で発症する確率が1.5倍から3倍になるとされています。また、一卵性の双子のどちらかが鬱病になると25%~90%の確率でもう片方の方も発症すると言われています。しかし、遺伝による発症は個人差があるので、必ずしも家族の誰かが鬱病になったらなるというわけではありません。ただ、この病気と遺伝的要因の関係は極めて高いと思っておいたほうがいいでしょう。
そして、鬱病の原因として最も多いとされているのがストレスです。ストレスは、人間関係や環境の変化などで起こります。他にも、身近な方との別れによって心因的なストレスを強く感じてしまうことで発症することもあります。こういったことでストレスを感じるのは理解できるでしょう。しかし、結婚や出産、仕事で昇格したなどといった本来なら喜ぶべきことで鬱病が発症することもあります。これは、今後のことを考えたことで感じたプレッシャーが原因です。ストレスは、ホルモンバランスの乱れが大きく影響しているので、結婚や出産では女性の方が鬱病になることが多いです。
他にも、体的な問題で発症することもあります。鬱病は精神疾患のひとつなので、つい心の状態に注目してしまいますが、体の不調も発症することに繋がります。例えば、疲れが慢性的に溜まっている時は、脳の働きが低下するので体を動かすために必要なセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌が正常に行えない状態になります。それに、脳血管障害や甲状腺機能の異常などの病気を抱えた時も鬱病になる可能性がなります。そのため、こういった病気だと診断された時は併発しないように注意しなければいけません。

原因を把握する為に診断を

上記に書いた通り、鬱病が発症する原因は色々とあります。原因を把握する為にも早く病院で診断してもらって、原因である根源を見つけて改善できるようにしましょう。原因さえわかれば、今後はどう行動していけばいいか分かるようになります。それに、診断が早ければ早いほど治療の負担も無くなるので、鬱病かもしれないと思ったらすぐに病院へ行くことをおすすめします。