辛い鬱状態が続くなら一度病院で診断を受けよう

レディ
  1. ホーム
  2. 身内がなってしまったら

身内がなってしまったら

相談

身内に鬱病患者がいる場合

鬱病だと診断された身内がいる場合、どのように接すればいいか悩む方も多いでしょう。鬱病の方と接し方は一歩間違えると、さらに症状を悪化させてしまうからです。症状を悪化させないように気を使い過ぎてしまうこともあるでしょう。しかし、気を使い過ぎてしまうと自身がストレスを感じてしまって、鬱病の方を突き放してしまうことだってあります。こうなると、鬱病の方からすれば「自分はこの世に必要ない」と思い込んでしまって、希死念慮を抱え込むようになります。このようなことを避けるには、鬱病だと診断されたことを告げられた時点で、理解してあげられるようにすることが大事です。鬱病だと診断された時の本人は、とてもショックを受けています。そんな時に「心が弱いからだ」とか「頑張って治そう」などの言葉をかけてしまうと、鬱病がさらに悪化してしまうことも。どちらも両極端な言葉ですが、鬱病患者にとって「理解してくれない」、「治せるものなら治したい」という気持ちを起こさせてしまいます。そのため、理解していることを本人に伝えることが大事です。言葉として表すなら「辛かったね」とか「ゆっくり自分のペースで過ごそうね」などです。こういった言葉だと、鬱病だと診断された方にとって救いになります。また、本人の話を聞いてあげるのも大切です。今まで溜めこんでいたことを話し出した時は、意見を言わずに本人が納得できるまで話を聞いてあげるようにしましょう。