辛い鬱状態が続くなら一度病院で診断を受けよう

心の不調は心の専門医に

何が原因で起こる?

カウンセリング

鬱病だと診断された場合、一生治らないのではないかと考えてしまう方もいらっしゃいます。しかし、この病気になった原因を把握して根源を改善することができれば、再発することなく以前の自分を取り戻せるようになります。

なりやすい性格

メンズ

鬱病は、どんな方でもなる可能性がある病気です。しかし、特に鬱病になりやすい性格があります。自分がその性格に当てはまらないか診断し、鬱病を引き起こさないようにしましょう。

精神的な辛い病気

医者

症状を知ろう

鬱病は、現代病のひとつとして認識されつつあります。日本では、3人に1人が鬱病の疑いがあるといわれているほどポピュラーな病気になってきています。どのような症状が起こるのかといえば、強い落ち込みが続いたり、やりたくてもできない状況が続いたり、喜びを感じなくなったりする精神的な症状が起こります。しかし、これらの症状だとただ単に疲れているだけだと思い込んでしまう方もいらっしゃいます。また、人に症状について相談しても「甘えているだけ」とか「怠けている」などの言葉を発せられることも。こういった言葉を投げられると鬱病を抱えている方は、自分が悪いとプレッシャーを自身にかけてしまい、より症状を悪化させてしまいます。症状が悪化すると、体にもさまざまな症状が起こり始めます。それは、睡眠障害、食欲不振などといったことです。これらの症状が起こり始めたら、体にエネルギーを蓄積することができなくなったり、脳の働きが低下してしまったりするので日常生活に支障が出てきます。そのため、鬱病かもしれないと思ったら、すぐに病院へ行き適切な診断を受けるようにしましょう。軽度の鬱病だったら早く症状を改善することができるので、以前の自分を取り戻しやすくなります。
しかし、中には鬱病かも知れないと思っていても「まだ大丈夫」と思い込んでしまい、病院へ行かず放置する方もいます。このような状態で放置し続けると、鬱病はどんどん進行している状態なので最悪の場合は治療が長引いてしまうことがあります。鬱病の治療が長引いてしまうと、負担が大きいので場合によっては精神病棟などに入院することもあるでしょう。このようなことを避けるのは、早期受診が大事なのです。

診断を恐れない

鬱病の方で多いのは、診断結果が怖いという理由で病院へ行かないことです。確かに、鬱病だと診断されてしまうと今後どうすればいいかと不安になるかと思います。ですが、早めに病院へ行って鬱病と診断されても早期治療を行なえるので早く完治を見込めます。ですから、少しでも体がおかしいと思い始めたら病院へ行く勇気を出してください。また、自分で鬱病なのか事前に確認したいのなら、ネットでセルフチェックを行なうことができます。セルフチェックで確認してから、病院へ足を運ぶのもいいかもしれません。

治療方法

葉っぱ

鬱病と診断されたら治療を行なうことになります。鬱病の治療は、主に薬物療法とカウンセリング療法を併用して行ないます。両方の治療を続けていくことで、徐々に症状が改善されていきます。

身内がなってしまったら

相談

家族などの身内が鬱病と診断されたらどう接したらいいか悩むでしょう。それに、気を使い過ぎて人によっては鬱病の方を突き放してしまうことだってあります。こうなると症状が悪化してしまうので、どう接すればいいかご紹介します。

良いクリニックの探し方

悩む人

鬱病を改善するためには、しばらくクリニックへ通院することになります。そのため、相性が良いクリニックを見つけることが大事ですし、適切な診断を行なってくれるかどうかも重要なポイントになるので、こういったクリニックの探し方をご紹介します。